注目!はじめての会計ソフトの選び方。

パッケージ型の会計ソフトは老舗業者を選ぼう

中小企業の場合、自社専用の会計システムを導入するのは資金的に難しいところがあります。したがって中小企業や個人事業主であれば会計ソフトを購入して、日々の帳簿付けや確定申告などをするのがいいでしょう。
会計ソフトには大きく分けてパッケージ型とクラウド型の2種類があります。パッケージ型は個人事業主用の青色申告ソフトなら1万円ほどで購入することができます。このパッケージ型を購入する際のポイントとしては、昔から会計ソフトを出している老舗業者を選ぶことです。老舗業者であれば、視覚的にわかりやすいインターフェイスと入力しやすい帳簿機能が搭載されています。したがって会計ソフト初心者でも比較的使用しやすくなっています。

クラウド型は初心者に最適

クラウド型は買い切りではなく、月々の使用料を支払う形態です。しかし法人でも月々2千円程度の使用料で済み、バージョンアップなどの追加料金もないので安心して利用することができます。クラウド型の良い点は、利便性の高さと経理業務を圧倒的に効率化できる点です。クラウド型はネット環境さえあればどこにいても利用することができるので、出先でちょっと確認したい時などに便利です。またクラウド型は金融機関データの自動取り込みや自動仕訳機能もついているので、会計ソフトを使うのが始めてでもとても使いやすいという利点があります。基本的にどの会社もお試し無料版があるので、まずはそのお試し無料版を利用して使い勝手を確かめてみましょう。