実際に使ってみたら意外なところが!利用している人の本音、聞いてみました!

使いやすさに違いがある

会計ソフトは経理を効率化したり、確定申告の負担を減らしたりなど様々なメリットがあるのでまだ使用していない場合は早めの導入をおすすめします。
データの移行があるので切り替えする時期は慎重に見極める必要はありますが、しっかりと準備してから実施すればスムーズにミスなく使用できるようになります。実際に会計ソフトを利用している方の中には、使いやすさに違いがあるという意見が出ています。基本的な使い方や機能はそれぞれの会計ソフトで大きな違いはありませんが、細かい部分で違いがあるのは事実です。
そのため、特徴を理解したうえでメインに利用する会計ソフトを決めることが大事です。特徴を知るためには少しだけでも良いので実際に利用してみる方法がベストです。

無料版でも十分な機能

会計ソフトの利用者の中には、無料版でも十分な機能なので満足しているという本音の方がいます。会計ソフトは無料版と有料版の2つを用意しているパターンが多く、当然ながら有料版の方が魅力的な機能が多くなっています。
しかし、毎月数百円や数千円という価格になってしまうので、有料版を選ぶともったいないケースがあります。企業の規模が大きい場合は有料版を選んだ方がメリットは大きいですが、個人事業主のように規模が小さい場合は取引先の数が少ないため、無料版でも十分に対応できます。
無料版だけで良いのであれば、お金を支払うことなく効率的に事務をこなせるため、会計ソフトは幅広い企業や個人事業主にとって導入するメリットがあります。