使ってよかった!?会計ソフトのメリット、デメリット

そもそも会計ソフトとは?

会計ソフトは、主に企業で使用されるもので、会計を記録して処理するプログラムです。売掛金台帳や買掛金台帳、賃金台帳、試算表の構成になっています。最近では、クラウドコンピューティングを用いたクラウド型会計ソフトが主流になっていて、社員同士でのデータの共有や共同作業などがやりやすくなっています。クラウド式となったことで、プログラム自体がクラウドに格納されていて、導入コストが安くなっているのも特徴です。機能性の高い会計ソフトでは、労働時間管理などもおこなうことができ、賃金計算も可能となっています。起業の特徴にあわせて、資材の調達のための資材発注作業が効率的に行えるようにも設計されています。最近では中小企業でも導入が進んでいます。

会計ソフトのメリットとデメリット

会計ソフトを導入するメリットとしては、経理についての知識が無い人でも、わかりやすく入力できる仕組みになっていることです。専門用語を余り使用せず、ヘルプ機能やサポート機能が充実しています。また、銀行口座やカード明細を自動連携できるのもメリットです。更には、経営状態をリアルタイムで確認できるようになります。決算書や確定申告書類、貸借対照表、損益計算書なども簡単に作成が可能です。クラウド式であればデータはクラウドに格納されるので、企業に災害が起きたとしてもデータは消滅することがありません。デメリットをあげるとすると、ランニングコストがかかることです。ただし、会計ソフトの導入により人件費が削減できたのであればトータルではコストダウンになっていることもあります。