今から始めよう!会計ソフトに切り替える時期とは?

スムーズな切り替えが大切

会計の業務や帳簿の作成は少しずつ変化しています。近年は自動化がかなり進んでいるため、少ない人員でも会計をミスなくスムーズに実施できるようになっています。
また、確定申告に使用する書類も会計ソフトで作成可能です。なぜなら、日々の取引を入力するだけでデータが蓄積するため、勝手に書類が完済している状態です。後それを印刷するだけなので、確定申告の負担をかなり減らせます。ただ、会計ソフトへの切り替え時期を適当に考えるのは適切ではありません。
きちんと考えたうえでの切り替えであればスムーズに進みます。ですから、自社にとっていつ会計ソフトへ切り替えを実施すべきかについては、じっくりと検討を重ねてからにしましょう。

年度が新しくなる時の切り替えがおすすめ

会計ソフトを導入する際にベストな切り替え時期となるのが年度が新しくなる時です。年度は会社によって異なるので、色々なパターンがあります。ただ、毎年必ず終わりがやって来るわけなので、次年度から会計ソフトを導入すればスムーズに切り替えることができます。
年度中の切り替えも行うことは可能ですが、会社の規模が大きくなれば取引の件数が多くなるので作業する時間が少なくなります。わざわざ作業する時間がない状況に行うよりは、真っ白な状態でスタートが可能な新年度になってからの方が余計なことを考えずに済みます。
また、会社の規模が小さい時も切り替えるには良い時期です。規模は小さい方がデータを移行させやすいので使用する時間は少なくなります。